マジェンシー|株式会社ザ・アカデミージャパン

マジェンシー

システムと研修のハイセンスな融合を実現

ザ・アカデミージャパンでは、フランス・パリに本社を置くMagencyの日本法人と提携して、従来の研修に、同社が開発した全てのイベントを「エンターテイメント」にする魔法のITソリューション「Magency」を融合することにより、研修をもっとインタラクティブに、そして効果的なものへと進化させることを実現いたしました。

Magencyについて

GoogleやTOYOTAなどのグローバル企業でも導入され、Magencyは世界中で愛用されています。 Magencyを開発したのは、電子デバイスを用いてマジックをするマジシャンなので、優れたエンターテイメント性と高い効果性の両方を実現しています。

  • ●小さな社内会議から、企業の大きなイベントまで、オールインワンにソリューションの提供が可能。
  • ●ミーティング、研修そして企業イベントでも最大限に効果を高めることのできる双方向性・共同性のあるツール。
  • ●7~77歳までの幅広い年齢層が使用できる説明書いらずの簡単な操作性。

いつどこにいても、PC・スマートフォン・タブレットなどあらゆるデバイスから、効率的にビジネスシーンにアクセスすることができます。
その使い方は様々!基本機能は次の通りです。

エンタメ感満載の研修!7つのMagics

エンタメラーニングは、大人数がリアルタイムで、楽しくコラボレーション。 研修の中で、自分のプロフィールを登録したり、ふと感じた意見や質問をリアルタイムで投稿したり、それにコメントしたり共感したり…研修って面白いというポジティブな気持ちが参加者ひとりひとりを主人公にしていきます!

①全参加者のプロフィール画像が出現

  • 研修会場へ着くと各自のデバイスでプロフィール登録を行い、参加者全員のプロフィール画像による 1minute.ショウタイムからスタートします。自分を知ってもらう、他の参加者を知ることで、受講者の最初の警戒心を楽しみながら解きほぐしていきます。

②ふと頭によぎったGOODアイデアを即発信

    • 研修中にふと頭によぎること…それって意外とGOODアイデアや質問だったりします。でも、ファシリテータの進行を遮って発言するのは気が引ける。そんな時に、進行を遮ることなく、自分が気になったことをその場で発信し、全参加者への共有が可能。自分の意見を発信しやすい状態をつくることで、参加者の参画度を高めていきます。

    ③GOODアイデアにはイイね!ボタンでコラボレーション

    • 共有された内容を見て、「そうそう私も同じ疑問持った」「へぇ~こんな考え方もできるか」と思った他の参加者はイイね!ボタンで共感。共感度の高い意見や質問には、ファシリテータが教材として扱い、参加者が今ほしい情報を提供することで参加者の学習欲を満たしていきます。

    ④早押しクイズやディスカッションバトルでエンタメ度アップ

    • ファシリテータから出されたクイズや質問に単に回答するだけでなくピンポン早押しクイズの機能を使ってみたり、意見が割れそうな議題についてはその場で瞬時にグルーピングを行い、デイスカッションバトルを演出してみたりと、参加者の遊び心を刺激することで参加者の主体性を促進します。

    ⑤参加者全員とつながり自分の現在地をチェック

    • 研修の中で理解度チェックテストやアセスメントを行い、リアルタイムで全体の平均点や傾向性から自分の現在地を把握することができ、自分の課題がより明確になります。それに伴い、参加者が学習内容を持ち帰ろうとする意識、研修後の行動変容度は一気に高まります。

    ⑥1日の学びをフォトストーリーでリフレクション

    • 1日の学びを自分の言葉や絵、写真などを活用しフォトストーリーで作成し、全参加者へ共有。その中で最も多かったキーワードをリアルタイム集計し、そのキーワードをもとに振り返りを行います。最後に、受講者の右脳を刺激し、記憶に刻み込みます。

    ⑦IoT化時代突入!学習内容がインターネットにつながる

    • 研修中に自分がメモした内容や研修コンテンツを振り返りたい。その内容を友達や同僚、上司に共有したい。そんな時は、いつでもどこでもインターネットでアクセス可能。自分のタイミングで復習できるので受講後の行動の定着をサポートします。

    エンタメ型研修は主催者(事務局)にとっても魅力的!

    • 1.研修アンケート結果もリアルタイム集計
    • 研修最後にアンケートを行うと瞬時に集計されるので、研修運用の効率が大幅に上がります。また、そのアンケート集計をもとに、研修直後にファシリテータと打ち合わせができるので、別途日程を調整する必要もなく、次回に向けた研修コンテンツの改善と効率性を同時に実現できます。
    • 2.主催者側に全てのデータが集まる
    • IoT化されているので、誰がどういう形で参加した、どういった意見を言った、どういう質問をした、 あるいは理解度チェックテストにどんな回答をしたか全てデータで残ります。 従来の紙のテキストやテストとの違いは、その後一人一人のデータを蓄積し、分析が可能になる点にあります。

    エンタメ型研修にこめられた思い ~研修をもっと面白く~

    • 1STEP.
    • まずは、自分たちが面白がろう!
    • 研修を受けるのが何だか楽しいぞ、そんな研修にするためにさまざまな工夫をしています。たとえば、リアルタイムで投票を行い、意見を集め最適なアイデアを引き出す。リアルタイムで質問ができ、共感できる質問にイイネ!をおせる。研修後も研修に関する情報とコンテンツへいつでもアクセス。などです。ただ、研修に様々な工夫をしてみてつくづく思うのですが、受講者を楽しませる工夫を考える前に、どんな状況においても「自分たちが面白がる」ということを大切にしています。
    • 2STEP.
    • 受講者から研修面白いと認められる!
    • 自分たちが、とにかく面白がる。それだけでもHappyな状態ですが、一方で、受講者からも面白い、そう認められることができれば、受講者の翌日の会話にも影響を与えることができます。これができれば、3STEPの世の中に1人でも研修を面白がる人を増やすことが実現できます。そのためには、面白いと言ってもらえるような研修コンテンツを生み出すことが必要です。
    • 3STEP.
    • 研修を面白がる人を増やそう!
    • 最後は、自分たちのためでなく、少しでも世の中に研修を面白がる人を増やそう。そう思っています。つまり、1STEPで、自分たちが研修を面白がることの達人になり、2STEPで、受講者に研修面白いと認められ、その受講した人が「昨日、こんな研修を受けてめっちゃ面白かった!」と自然と会話をすることで、それを聞いた人が研修へのイメージが少し変わり、研修を面白がる人が増えていく。そんな風に考えています。
    2018年11月29日
    仕事と介護の両立支援体験セミナー
    ●場所:東京・新宿
    ●対象:研修ご担当者様
    受付中
    2018年11月30日
    レジリエンストレーニング体験セミナー
    ●場所:東京・新宿
    ●対象:研修ご担当者様
    受付中 ※キャンセル待ち
    2018年12月3日
    社内講師力トレーニング体験セミナー
    ●場所:東京・八重洲
    ●対象:研修ご担当者様
    受付中
    2019年1月29日
    アンコンシャスバイアストレーニング体験セミナー
    ●場所:東京・新宿
    ●対象:研修ご担当者様
    受付中 ※残り10席
    2019年2月1日
    リーダーシップforエンゲージメント体験セミナー
    ●場所:東京・新宿
    ●対象:研修ご担当者様
    受付中
    2019年2月5日
    50代・シニア向け研修「7values」体験セミナー
    ●場所:東京・新宿
    ●対象:研修ご担当者様
    受付中
    2019年2月20日
    レジリエンストレーニング体験セミナー
    ●場所:東京・新宿
    ●対象:研修ご担当者様
    受付中 

    ページ先頭