社内インストラクター養成研修 | 株式会社ザ・アカデミージャパン

ザ・アカデミージャパントップ > 研修・サービス > 対自分力研修プログラム > 社内インストラクター養成研修

実績・経験豊富なベテラントレーナーから直接学習し、成長する機会

社内インストラクター養成研修

人材育成は企業の命綱です。あらゆる人材育成の方向を示し、直接・間接的に人材と接する社内研修担当者(社内トレーナー)が担う役割は重要です。研修受講者は、社内トレーナーが持つ意識・能力・知識さらに経験を瞬時に察知し、受講態度を変化させるとも言われます。トレーナーの質は、学びのモチベーションに直結しています。

その一方で、社内トレーナーは外部研修や競合他社の取り組み、あるいは最新の学習テーマなどに接する機会が少ないのも事実です。そこで、実績と経験が豊富なベテラントレーナーから直接学習し、成長する機会が求められています。

目的・ねらい

  • 何を伝え、提供・支援するのか(WHAT)の強化
  • どのように伝え、提供・支援するのか(HOW)の強化

到達目標

  • 研修プログラムの運営スキルの向上
  • 受講者から肯定的(前向き)な行動を引き出すスキルの強化
  • 議論の方向を示す技術の習得
  • 突発時(困難な状況)への対処スキルの習得
  • 研修の評価と定着化の技術習得

特徴

  • 学習した意識・技術・知識は実践的で、現場で手応えが得やすい
  • さまざまな演習が豊富に盛り込まれ、体験的に学習できる点
  • ベテラントレーナーからのフィードバックが得られる点

研修内容

  • 【STEP1】 「優れたトレーナー」とは
  • 【STEP2】 「研修プログラムの運営スキル」
  • 【STEP3】 「肯定的(前向き)な行動を引き出すスキル」
  • 【STEP4】 「突発時への対応」
  • 【STEP5】 「トレーニングの評価と定着化」
  • 【STEP6】 「トレーナーのミッション・ビジョン&バリュー」

担当者・受講者の声

【担当者・受講者】

  • 研修運営(プロセス)を体系的に学習する機会を持てたことで、これまでの研修のやり方を整理することができた。
  • 外部講師の立ち振る舞い、話し方(スピード)、肯定的な対応などに直接触れる機会が持て、たいへん刺激になった。自分も実践してみようと思う。
  • 自分の演習等へのフィードバック(視点)がまだまだ甘いと感じた。受講者を納得させるフィードバックを強化・実践してゆきたい。

対象者・実施内容

● 推奨対象者 社内研修担当者・社内研修担当候補者
● 定 員

18名(最小催行人数:6名)

● 研修時間 標準:2日コース(7時間×2日)
  • 電話
  • 電話でのお問い合わせ
  • 045-640-0137
  • メール
  • WEBでのお問い合わせ
  • メールフォームボタン

ページ先頭