よりよい仕事体験ストーリー | 株式会社ザ・アカデミージャパン

心理的安全性
好奇心
顧客志向
立ち直る
当事者意識
自己認識
誠実さ
関係性
承認
活力
目的
成長
再定義

誰もがジョブ・クラフトできる!

人生において最も多くの時間を何で過ごすもの…それは仕事です。

この仕事がおもしろいものと感じることができれば、人生まるもうけ。

ただ、心の底から本心で「仕事がおもしろい」と感じている方はどれくらいいるのでしょうか。

目標設定をしても、そこに本当の自分の想いは込められていなくて、達成に向けて必死に頑張るけど、なんだか他人事で。自分を突き動かすものは、給料をもらっているから、という義務感だったり。

目の前のタスクを消化する毎日の中で、ふとよぎる「このままでいいのかな…何のためにやっているんだろう?」という想い。そして「いやいや、自分のキャリアップと家族のため。仕事とはこういうものだ」と自分に言い聞かせ、 再び膨大なタスクの中に飛びこんでいく。仕事は楽しい、おもしろい…そうありたい!と思っているけど、そうではない現実があり、何かモヤモヤする。

一方で、周りには仕事を本当におもしろいと感じながらイキイキ取り組んでいる同期や同僚がいたり、お客さまや社会、ファンのために誠実に仕事と向きあうプロフェッショナルと呼ばれる人たちがいる。

この違いは一体何なのでしょうか。
特別な才能や知識、スキルがあって「仕事を楽しんでいる」のでしょうか。

私たちアカデミージャパンでは、過去10年間にわたり、「どうすれば仕事はおもしろいものになるのか?」の研究と実践を続け、その解決策やヒントは「自分自身の物語の中にある」と結論付けました。

そして、私たちが歩んだ10年とともにまとめたものを「よりよい仕事体験」と定義づけ、ここに5つのテーマと12のキーワードにまとめさせていただきました。

散りばめられているキーワード一つ一つは、それだけ見てもよくわからないかもしれません。

「俺には関係ないな…」「私にはこんな考え方ムリムリ!」そう感じるものがあるかもしれません。

ですが、この5つのテーマと12のキーワードは、すべての人が〝すでに持っている〝ものなのです。少し、あなた自身の物語を振り返ってみてください。

  • ・小さな頃に謎のワクワクを感じたことはありませんでしたか?
  • ・誰かのために似顔絵を描いたことはありませんでしたか?
  • ・思春期の頃に答えのない葛藤はありませんでしたか?
  • ・新しい世界へ踏み出すのにドキドキを感じたことはありませんでしたか?
  • ・何か失敗をした経験し、その失敗を繰り返さないための教訓を得たことはありませんか。
  • ・誰かの助けに心から感謝したことはありませんか。
  • ・身近の人から「ありがとう」をもらって嬉しい気持ちになったことはありませんか。

あなた自身の物語の中には、「よりよい仕事体験」のヒントがたくさん散りばめられていいます。
この5つのテーマと12のキーワードが、仕事をおもしろいものにする旅へ自ら一歩踏み出すキッカケになったり、 自分の部下へよりよい仕事体験を積ませたいと思ってもらえると嬉しいです。

その上で、アカデミージャパンと一緒に、今よりも多くの「よりよい仕事体験」を探求したいと思ってもらえたら最高です! すべての人がより良い仕事体験への想いを持ち、そこに向かって歩んでいけることを願っています。

よりよい仕事体験ファーストストーリー

テーマ①

意味を感じることへ一歩踏み出す!

よりよい仕事体験のはじまりは「一歩踏み出す」です。

自分の好奇心に素直にしたがい、「やってみたい!」「やってみよう!」と自らの意志で一歩踏み出す。

どんな小さなことでもOK。自ら選択することからよりよい仕事体験がはじまります。

(1)心理的安全な場になっているかな?

心理的安全性
Psychological safety(心理的安全性)

一歩踏み出すために欠かせないのが、今、そこが心理的安全な場であるどうかです。
家庭も同じで心理的安全性があるから子どもはのびのびとチャンレンジできる。役割や立場に関係なく自分の意見を率直に言うことができる!チャレンジした失敗は歓迎してくれる!そんな心地よい居場所があるからこそ、もっと高く飛ぶことができる。 

(2)自分の好奇心にフタをしていないかな?

好奇心
Curiosity(好奇心)

一歩踏み出すキッカケを与えてくれるのが好奇心です。
子どもの頃は周囲のことはあまり気にせず、好奇心に従い無邪気に行動していた。でも、大人になるにつれて周囲や世間の引力に引っ張られがちになり、好奇心にフタをすることがついつい増えてしまう。これ何か興味がある!前からすごく気になっていた!なんかそれハードル高そうだけど面白そう!何か自分でもできることあるかな!好奇心にしたがい、もう少しわがままに選択してもいいのかもしれない。

(3)誰の役に立てる、どんな貢献ができるかな?

顧客志向
Customer Obsession(顧客志向)

好奇心にしたがい一歩踏み出し、自己完結で終わるものは趣味の領域かもしれない。よりよい仕事体験には、一歩踏み出した遠いその先に、ボンヤリと誰の役に立てるのかな?どんな貢献ができるのかな?つまり、自分にとってのお客様を想像してみる。そのお客さまは、外にいるお客さまに限らず、チームメンバーや他部署、SDGsのような社会課題かもしれない。その想像を掻き立てるには、いろいろな情報や人に触れてみよう。

テーマ②

途中で何度も困難や逆境に直面する!

よりよい仕事体験には逆境はつきものです。
意味を感じることは、これまでの自分の枠の外にあるチャレンジングなことばかり。だからゴールまでの道のりには多くの困難が待ち受けている。その困難に真正面から向き合うことが、よりよい仕事体験につながる。

(4)つまづいても・失敗してもOKになっているかな?

レジリエンス
Resilience(立ち直る)

一歩踏み出した瞬間は充実感も高まり、すごく楽しい。でも、その先に必ず訪れるのが困難。頭では分かっていても、いざ困難に直面すると思うようにいかず、あきらめてしまいそうになる。そんなとき「あきらめたらそこで試合終了だよ」がこだまする。でも、よく考えてみると「新たなチャレンジだからうまくいかなくて当たり前。途中で何度つまずいても・失敗してもいい、それよりも大事なことは何度でも立ち直ること」とマインドセットしよう。

(5)思考停止になっていないかな?

当事者意識
Ownership(当事者意識)

困難に直面すると、うまくいかないことの連続で落ち込んでしまうことは誰にでもあること。そんなとき、うまくいかないことを全て他責にして、思考をSTOPさせてしまうのはもったいない。落ちこむときはとことん落ち込めばいい、愚痴を吐いたっていい、言い訳してもいい、気分転換してもいい、そこから乗り越えていくために、今の状況から目をそらさず、思考さえ停止させなければ、多少時間はかかってもふとした瞬間に 何か浮上するキッカケが必ず現れ、ブレイクスルーする。

テーマ③

その度に、自分らしさと周囲の
サポートで乗り越える!

よりよい仕事体験の主演・脚本は自分です。
困難を乗り越えるシナリオを描き、それをどう実行するかも自分。持てる力とアイデアを出しきり、自分なりのやり方で乗り越えていくことが自信として蓄積され、よりよい仕事体験につながる。

(6)自分らしさを分かっているかな?

自己認識
Self-awareness (自己認識)

困難を乗り越えるには、もちろん会社の資源もフル活用していくが、最後は自分。会社の背番号を外し、今自分が持っている能力や資源を最大限発揮して、困難を乗り越えていく。自分の強みは?これまでの経験で得た情報、知識、スキル、人脈は?そもそもお客さまの課題は?さらにどんなインプットをすれば? 自分が大事にしたい価値観は?自己認識を深め、この自分らしさが逆境を乗り越えるときの大きな力となる。そして、自分なりのやり方で乗り越えたとき…未知の自分に出会える。

(7)自分の弱さを認めて、助けて!を言えるかな?

誠実さ
Authenticity(誠実さ)

どう頑張っても、今持っている自分の力では乗り越えられない逆境にも遭遇する。そんな時、プライドが邪魔して、弱さや脆さを隠そうとし、自分だけで抱えこもうとする。でも、自分のちっぽなプライドを守ることとお客さまの役に立つこと、どっちが大事?少し勇気はいるかもしれないけど、自分の弱さを認めて、「Ineed your help」を発信しよう。 お客さまに向かって必死でもがいているときのSOSサインは必ず誰かが見てくれている。

(8)人間関係を大事にしているかな?

人間関係
Relationship(人間関係)

自分が本当に困ったときに、そっと手を差し伸べてくれる人は周囲にいますか。言い換えれば、自らの積極的な関わりにより、そんな人間関係を育むことができているか。この人間関係は、困難を乗り越えるときの心のサポーターとなり、大きな力になる。いざ、困難を乗り越えるときに力になるのは、自分と真逆の人かもしれない。自分と相手との違いを楽しみ、社内外の多様なネットワークを構築しよう。

テーマ④

結果、メンバーやお客さま、社会から感謝の声をもらう

よりよい仕事体験のひと区切りは感謝のフィードバックです。よりよい仕事体験のゴールには、自分が掲げた目標達成もあるだろう。でも、それ以上にこれまでの苦労が喜びにかわる瞬間は、お客さまからの感謝の声。この何にも代えがたい喜びが次のよりよい仕事体験につながる。

(9)頑張った自分をハグしているかな?

承認
Feedback(承認)

自分らしくやり抜いた結果、お客さまが喜ぶ姿や安心する姿を目の当たりにする。また、お客さまや周囲から感謝と承認のフィードバックをもらう。この瞬間だけは謙虚さを忘れ、お客さまの表情や言葉を素直に受けとり、照れくさいかもしれないけど、自分で自分をほめてあげよう。自分を褒めた数だけ強くなり、その積み重ねがより大きなチャレンジへの原動力になる。

(10)きちんと報酬はもらえているかな?

活力
Vitality(活力)

お客さまが喜ぶ仕事をしたときの報酬を見過ごしていないかな。報酬と聞くと、お金やポストがすぐに思い浮かぶかもれない。もちろん、お金も大事。でも、もっと深いい報酬がある…それは仕事である。喜んでくれたお客さまがさらに面白い仕事を依頼されたり、その働きぶりを見ていた人やその事実を聞いた人から、意味を感じる仕事が舞い込み、再び一歩踏み出していく。

テーマ⑤

ふと振り返ると、自分の成長と働く目的意識の高まりを感じ、仕事のおもしろさに気づく

よりよい仕事体験を積み重ね、轍をたどります。
よりよい仕事体験を積み重ねていくと、自分がお客さまへ貢献できる「何か」がハッキリしてくる。そのタイミングで、ふと振り返ると、うまくなっている自分、関わる人や喜んでくれるお客さまが増えていることに気づき、仕事の意義と奥深さを感じるようになる。

(11)なんか上手くなってきたかな?

成長
GROWTH(成長)

お客さまへ貢献できる何かがハッキリと見えてくると、ブレない軸ができる。そんな自分から過去の自分を振り返るとどうだろう。無意識にできることが増えていないか?多様な人と関係性をつくれるようになっていないか?喜んでくれるお客さまや任せられる仕事の幅も広がっていないか?仕事もスポーツと同じで、上手くなると自己コントロール感が高まり、おもしろくなる。

(12)仕事の意義を見出せたかな?

目的
PURPOSE(目的)

過去の自分は、口だけで仕事は楽しい!と言っていたかもしれない。でも、喜んでくれるお客さまや任される仕事の幅が広がっていくうちに、働く目的が、自分や家族のため → チームや会社のため → お客さまのため → 地域や社会のためへとどんどん大きくなっていき、自分が影響できる範囲に広がりを感じたとき、存在意義がホンヤリと見え始め、仕事はおもしろい!と等身大で言える。

(13)仕事はおもしろい!今なら等身大で言えるかな?

再定義
JOB CRAFTING(再定義)

これまでのよりよい仕事体験から、主観的に「仕事とは?」を捉え直してみよう。仕事を通じて獲得したものは何だろう?その渦中には辛い、しんどい、避けたい気持ちはいつもつきまとう。でも、そんな弱い自分も受け入れてあげながら、乗り越えた先に出会えるものは、自分らしさ、自己効力感、仲間と幅広い人間関係、周囲からの承認、感謝される喜び、社会とのつながり、でっかい目的、自分の居場所 などなど。それに気づいたとき、仕事の意義と奥深さを感じ、仕事への認識がアップデートする。

おそらく、この先に出会う仕事は、違った景色に見えるだろう…
LIFE GOES ON!

仕事が面白いエンドストーリー

ともにオモシロい未来をつくっていきましょう!

この5つのテーマと13のキーワードの整理は、学術的な正確性があるものではありません。 しかし、これらはアカデミージャパンに関わるメンバーが、仕事をおもしろいものにするために とても大切にしてきた知恵の数々です。これらの知恵が少しでも皆さんの刺激となり、 それぞれの職場が「仕事はおもしろいもの」に向けて一歩踏み出す機会になれたら、嬉しく思います。 ぜひとも活用してみてください。

「5つのテーマ」と「13のキーワード」INDEX

【テーマ①】意味を感じることへ一歩踏み出す!
  • (1)心理的安全な場になっているかな?

    psychological safety(心理的安全性)

  • (2)自分の好奇心にフタをしていないかな?

    Curiosity(好奇心)

  • (3)誰の役に立てる、どんな貢献ができるかな?

    Customer Obsession(顧客志向)

【テーマ②】途中で何度も困難や逆境に直面する!
  • (4)つまづいても・失敗してもOKになっているかな?

    Resilience(立ち直る)

  • (5)思考停止になっていないかな?

    Ownership(当事者意識)

【テーマ③】その度に、自分らしさと周囲のサポートで乗り越える!
  • (6) 自分らしさを分かっているかな?

    Self-awareness(自己認識)

  • (7)自分の弱さを認めて、助けて!を言えるかな?

    Authenticity(誠実さ)

  • (8)人間関係を大事にしているかな?

    Relationship(関係性)

【テーマ④】結果、メンバーやお客さま、社会から感謝の声をもらう
  • (9)頑張った自分をハグしているかな?

    Feedback(承認)

  • (10)きちんと報酬はもらえているかな?

    Vitality(活力)

【テーマ⑤】ふと振り返ると、自分の成長と働く目的意識の高まりを感じ、仕事のおもしろさに気づく
  • (11)なんか上手くなってきたかな?

    GROWTH(成長)

  • (12)仕事の意義を見出せたかな?

    PURPOSE(目的)

  • (13)仕事はおもしろい!今なら等身大で言えるかな?

    JOB CRAFTING(再定義)

ページ先頭